子供のレッスン(ヴァイオリン・ピアノ)

子供の時に習い事をするというのは単に思い出になるというだけでなく、色々な面でプラスになると日々実感しています。

集中力、マナー、こつこつと努力する事、練習によって出来なかったことが出来るようになる喜び・・学ぶことはたくさんあります。

「お子さんとこんなお話をしましたよ」とある中学生の生徒さんのお母様に報告したところ「うちではそんな話をしたことがないです」と驚かれました。仲良くならないと、くったくのない話もできないし、信頼してもらえない=ただヴァイオリンやピアノの先生、というのでは心を開いてもらえない、と私も学びました。

10年ほど前は基礎をきちんと教えなくてはいけない、マナーをしっかり身につけさせてあげなくてはいけない、という気持ちから、ちょっと厳しい、昔ながらの先生だったと思います。 親御さんには信頼されていたかも知れませんが、肝心の生徒さん(子供)にはちょっぴり恐い先生だったかも知れません。

現在はというと、レッスン中は集中して、終了後はリラックスタイムのお相手が出来ているかなと思います。 受験生(音大・音高受験を除く)が受験ぎりぎりまで、また、受験生でなくても 部活や他の習い事や塾で忙しいのにレッスンを続けているのは、ここでのレッスンは、よい意味で息抜きタイムになっているからだと思います。

なお、本格的に音楽高校、音楽大学の受験を希望された方にはそれに対応出来る教室や先生を紹介しています。

ただ「この教室に来てとても音楽(またはヴァイオリン(またはピアノ)が好きになった)」というお言葉は多数頂いております。 初めてここでヴァイオリンやピアノを習うという方も、もちろんいらっしゃいますが、他の教室で挫折した方がよくいらっしゃるのも当教室の特徴です。

ヴァイオリンレッスンは原則として小学3年生以下の子供には大人の方の付き添いをお願いしています。ピアノは子供だけでもOKです。

Q&A レッスン料金